GitHubは難しくないよ!

terminal

今回は「GitHub」について取り上げていきたいと思います。

「GitHub」とは、「コードのバージョン管理ツール」です。

個人開発やチーム開発では必須とも言えるツールです。

この記事ではその「GitHub」の使い方にフォーカスを当てて紹介していきたいと思います。

概念などの説明はググればたくさん出てくるので、解説はそちらにお任せしたいと思います。

また、「かるでねブログ」では開発の手順を紹介している記事があります。

その際、「GitHub」の使用を前提として手順を解説しているので、この記事でぜひ使い方だけでも覚えて帰ってください!

それでは初めていきましょう!

GitHubをもう少し詳しく

流石に「GitHub」の説明が少ないので、もう少し解説してから使い方を確認していこうと思います。

GitHub」は先ほども述べたように、「コードのバージョン管理ツール」です。

ハム
ハム

その説明がまずわからないんだよな…。

かるでね
かるでね

要はゲームのように、
コードの更新ポイントを保存して置ける」ということだよ!

コードのセーブができて、いつでもそのセーブポイントに戻せるというイメージが一番理解しやすいと思います。

「リポジトリ」というプロジェクトごとにコードを管理して置ける場所があり、これをゲームソフトだと思ってください。

Todoリスト」を作成しているソフトだったり、「メモ帳」を作成しているソフトなどがあるとします。

開発を進めながら、1日ごとにセーブしていきます。

ある日結構作業が進み、いざ実行したら解決するのがめんどくさいエラーが出て、その日の作業前の状態に戻したいが、結構作業が進んだためにどこを戻せば良いかわからなくなってしまいました。

普通ならもう気合いでなんとか戻すしかありませんが、「GitHub」でソースコードを管理していると、その日の作業前のセーブポイントを引っ張ってきて、簡単にそのセーブポイントまで戻すことができます。

また、自分のPCに置いていたディレクトリを間違えて消してしまっても、コードは「GitHub」上にもあるので、ワンクリックで持ってくることもできます。

ハム
ハム

だんだんわかってきた!

確かにメリットが大きいね!

かるでね
かるでね

そうでしょ?

そしてチーム開発ではさらに大きなメリットがあります。

GitHub」は多くの企業で使われています。

それは「チーム開発」で使用するとめちゃくちゃ便利だからです。

詳しく話すと概念の話に入ってしまうので、ここではメリットを1つ紹介するだけにします。

そのメリットとは、「変更の反映を許可・拒否できる」ことです。

チームの1人がコードを変更して、その変更を反映させたときに公開したはいけない情報を公開してしまったり、必要な武運を削除してしまっていたりなどの問題が起きたとします。

正直このようなものを修正するのはめんどくさいですし、できることなら起こらないようにしたいです。

その際に「GitHub」を使用すると、開発責任者が「反映させても問題が起きなさそうな変更」のみを反映できます。

他にも小さいことから大きいことまでメリットはたくさんあるので、実際に「GitHub」を使用していく中で体感してみてください!

GitHubを見てみる

まずは「GitHub」を見ていきましょう。

いかにアクセスしてログインまたはサインアップしてください。

GitHub
GitHubはソフトウェア開発のプラットフォームです。GitHubには8000万件以上ものプロジェクトがホスティングされており、2700万人以上のユーザーがプロジェクトを探したり、フォークしたり、コントリビュートしたりしています。

ログインすると下のような画面が表示されます。

右上の自分のアイコンをクリックして「Your profile」をクリックしてください。

そうすると上記のように、自分のページが表示されます。

ではここから「GitHub」で重要な部分のみ紹介していきたいと思います。

概要ページ

上の画像の部分がまさに概要ページです。

このページはカスタマイズができ、自分の情報を色々と載せることができます。

皆さんも「GitHub」を使い始めたら好きなようにカスタマイズしてみてください。

そして、このページで一番重要な部分は「」を生やす部分です。

赤枠の中の緑になっているところが「草」です。

これは何かというと、「GitHub」の活動記録です。

この「」を増やすのが、エンジニアの一種のモチベーションになっています。

毎日開発をするとそれに応じて「」が生えていくので、なかなか気分が上がります。

そして、この「」を生やす行為を「草をはやす」と言います。

よく「草www」みたいなのをネット上で見かけますが、それとは関係ありません。

それこそ「草www」ですが、エンジニアの皆さんは「草を生やす」と言われたら、「GitHub」の「」を生やすことだと頭の中に入れておいてください。

リポジトリ

では次に「リポジトリ」をみていきましょう。

リポジトリ」は簡単にいうと「プロジェクトごとのディレクトリ」です。

Todoリストアプリのリポジトリ」、「メモ帳アプリのリポジトリ」など、プロジェクトのファイル類が入っています。

これのリポジトリごとに作業を進めていくのが「GitHub」の使い方なので、一番重要な部分と言っても過言ではありません。

では早速みていきましょう。

上にある「Repositories」をクリックしてください。

初めて「GitHub」を触る方はリポジトリが1つもないと思うので、読み進めていってください。

todo」というリポジトリに入ると上の画像のようにディレクトリやファイルなどが格納されているのを確認できます。

ここでファイル類を管理することができます。

さらに踏み込んで説明することもできますが、今回の記事は「GitHub」の使い方に重点を置いているので、次の章のコマンド操作に入っていきたいと思います。

GitHubをコマンドから操作

さて、簡単に「GitHub」の中身を見てきた後はコマンド操作についてみていきましょう。

Terminal」からコマンド操作をすることで、「GitHub」にファイル類を登録することができます。

その上で少し概念の説明もしなければいけないので、簡単に説明した後に実際にコマンドを紹介しいきたいと思います。

簡単に概要説明

「GitHub」では「Teminal」からコマンド操作でファイル類を登録する手順があります。

その手順は以下のようになります。

  1. 「GitHub」に登録するファイルを選択。
  2. メッセージをつける。
  3. 登録!

この3つの手順です。

これをみると簡単に感じますが、細かく説明するともうちょい難しいです。

しかし、2回目になりますが、今回の記事は「GitHub」の使い方に重点を置いているので、実際に使うことを通じて「GitHub」の理解を深めていきます。

ちなみに「GitHub」用語では先程の手順を、

  1. add
  2. commit
  3. push

というのでこの単語も覚えてください。(コマンドがこの用語を使うので、自然と覚えられますが…。)

コマンドの使い方紹介

概念を簡単に説明したので、早速コマンドの使い方をみていきましょう。

先程の手順を順番に見ていきます。

「GitHub」に登録するファイルを選択

まずは「GitHub」び登録するファイルを選択するコマンドを確認してきます。

git add ファイル名 or ディレクトリ名

これだけですね。

簡単ではないでしょうか?

しかしこれだと1つのファイルしか選択できないので、複数ファイルを選択する方法も見ていきます。

git add ファイル名 ファイル名 ファイル名

このようにスペース区切りでつなげていくことで、複数ファイルを選択できます。

あまり推奨されませんが、もし現在のディレクトリ配下の全てのファイルを選択したいときは以下のようにしてください。

git add .

.」と指定することで「ディレクトリ配下のファイル全て」となります。

基本的にこの3つを覚えておけば最初は大丈夫です。

メッセージをつける

では次にメッセージをつけていきましょう。

ハム
ハム

メッセージをつける」って何?

かるでね
かるでね

修正した部分に対しての説明だったり、
追加するファイルの説明などをメッセージとして伝えるということだよ!

メッセージをつけることで、他の人はどんな変更を行なったのか、どんな機能を追加したのかなどを一眼で確認することができます。

そして、このメッセージごとに「GitHub」ではセーブポイントが作られるので、結構重要なものです。

早速使い方をみていきましょう。

git commit -m "メッセージ"

これだけです。

メッセージ部分を好きなように変更して使います。

この1つだけを覚えていれば十分なので、楽ですね。

登録!

では最後に「GitHub」に登録する手順を見ていきたいと思います。

登録することを、「GitHub」では「プッシュ」というので、ここからはそのように呼んでいきます。

プッシュすることで「GitHub」に変更が反映されるので、最後にして一番重要なコマンドです。

git push

はい。

もうこれだけです。

最後にして一番シンプルですね。

ちょっとした例外はありますが、基本的にこのコマンドで問題ないです。

まとめ

この章では「GitHub」のコマンドについてみてきました。

簡単な概念の紹介とコマンドの確認ができたので、次の章では実際に「GitHub」を使ってみたいと思います。

GitHub」の一歩を踏み出していきましょう!

GitHub実践

それでは、最後に「GitHub」でリポジトリを作成して、そのリポジトリにファイルをプッシュしてみましょう!

リポジトリ作成

まずは「GitHub」でリポジトリを作成していきます。

GitHub」にログインしてください。

Repositories」をクリックして、右上の「New」をクリックしてください。

赤枠のように入力し、「Create repository」をクリックしてください。

簡単に①〜④の部分の解説をします。

  1. リポジトリの名前。
  2. リポジトリの説明。
  3. リポジトリ内が外部からもみれるかどうかを指定。(今回は見れるように指定。みられたくないリポジトリは「Private」を指定してください。)
  4. README」という、リポジトリの説明を記載するファイルを追加しています。

リポジトリを作成すると、上のような画面が出てきます。

右上の「Code」から赤枠の部分をクリックしてください。

この部分を使用することで「Terminal」から「GitHub」にアクセスすることができます。

ファイルを作成

では、次に「GitHub」にプッシュするファイルを作成していきましょう。

ファイルを作成する前に、先程作成したリポジトリを自分のPCに持ってきます。

Terminal」を開いてください。

Desktop」に移動してください。

では次のコマンドを実行してください。

# git clone 先程コピーした部分
git clone git@github.com:cardene777/tutorial.git

先程コピーした部分をここで使用します。

コマンドがしっかり実行できると上記のようになります。

もしエラーが出た人は次の記事を参考にしてみてください。

【git エラー解決策】Permission denied (publickey). fatal: Could not read from remote repository. Please make sure you have the correct access rights and the repository exists. が出た時の解決方法

ではしっかり持って来れているか確認してみましょう。

cd tutorial

移動できたので、しっかり持って来れているのを確認できます。

ではファイルを作成してみましょう。

touch tutorial.py

このコマンドで「tutorial.py」を作成できました。

確認してみましょう。

ls

README.md」と「tutorial.py」の2つのファイルが存在するのが確認できます。

では「tutorial.py」の中にコードを記述していきます。

vim tutorial.py

上のコマンドを実行すると、ファイルの中に入ることができます。

次のコードをコピペしてください。

cardene = "かるでね"
print(cardene)

コピペできたら、「:wq」と入力してファイルを上書き保存してください。

ではしっかり書き込めているか確認してみましょう。

python tutorial.py 

上のコマンドを実行して「かるでね」と出力されていれば完璧です。

一応中身も確認してみましょう。

cat tutorial.py

先程コピペした内容が出力されていますね。

これで「GitHub」にプッシュするファイルを作成できました。

GitHubにプッシュ

では作成したファイルを「GitHub」にプッシュしていきます。

Terminal」で次のコマンドを実行してください。

git add .

あまり推奨されないコマンドですが、今回はこのコマンドを使用します。

次にメッセージをつけます。

git commit -m "add tutorial.py"

では最後にプッシュします。

git push

ここでエラーが出た場合、エラーの出力の中に正しいコマンドがあると思うので、それをコピペして再度実行してください。

3つのコマンドの実行結果が上の画像のようになっていれば完璧です。

では、「GitHub」で確認してみましょう!

GitHub」に戻りリロードすると、先程作成した「tutorial.py」ファイルが追加されているのが確認できますね!

では中身を確認してみましょう。

tutorial.py」をクリックしてください。

ちゃんと入力したコードも反映されています。

ここまでできれば「GitHub」の実践は完璧です!

最後に

今回は「GitHub」について取り上げてきました。

前半部分で簡単な「GitHub」の紹介をして、後半では実際に「GitHub」を触ってみました。

この記事で「GitHub」の簡単な使い方と基礎的な理解はできたと思います。

GitHub」は奥が深く、使いこなすには実際に使っていくしかないので、この記事をきっかけにどんどん「GitHub」を使っていってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました